「辻調<新>塾」様 ~イタリア料理“修行”を越えて~ 交流会ケータリング

 

先日はいつもお世話になっている「辻調<新>塾」様のケータリングでした

今回の講義内容は「イタリア料理 “修行”を越えて」という、テーマ

スピーカーのは大正大学の澤口恵一さんは、社会学的なアプローチで日本におけるイタリア料理の職人たちのキャリア形成について数年かけて調査・分析されていらっしゃるそうです。

というわけで今回蜜香でご用意させていただいたお料理は、

「イタリアカラー」という内容で、緑の料理、白の料理、赤の料理とご用意させていただきました

国旗に見えてきましたか!?

まずは“緑の料理”から

「一口サラダ」はアスパラとモロッコインゲンの小さなサイズのモノを

「アボカドと肉みそのサンド」にはグリーン野菜をたっぷり詰めて、浅漬けにしたズッキーニとクレソン

お次は”白の料理”

「鶏のガランティーヌ・あわび茸とシャンピ二オンの詰め物」こちらはアンチョビソースでアクセント

「白菜と干し貝柱の冷製ポタージュ」中華でお馴染みの「白菜のクリーム煮」をポタージュ仕立てにいたしました

そして”赤の料理”

「鴨のロースト・イチジクと生姜のソース」トレビスと甘いミニパプリカのローストを添えて

「紅玉のコンポート 八角風味・”イートンメス”風」

イギリスのお菓子「イートンメス」 焼いたメレンゲとクリーム、フルーツを混ぜ合わせて食べるスイーツです

シーズナルのリンゴの中でも「紅玉」を使い、真紅のコンポートにいたしました

そして当店の看板商品「蜜香杏仁ロッソ」

今回も交流会に混ぜていただき、とても楽しいケータリングとなりました(^u^)

そして今回の素敵な写真は、ブレッドジャーナリストの清水さんよりご提供いただきました

辻調塾様、そして清水さん、いつもありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.