「ケータリング活動報告、レセプションパーティーケータリング」

「オープニングレセプションパーティーケータリング」

先日は美術館で明日から開催される展覧会のオープニングレセプションへケータリング。

「太田喜二郎と藤井厚二-日本の光を追い求めた画家と建築家」の展示に合わせて、点描画と建築をイメージして作りました。

手前の点描画モチーフ+丸いフードゾーンと奥は建築っぽく無機質な四角のフードゾーン。

薄ピンクのノーザンルビーでジャガイモのオムレツを、これは大理石モチーフです。

鶏の松風焼には四角の浅漬け大根を合わせて食感も良く。

丸も可愛いですが、四角ばかりの食材もなかなか可愛くて気に入りました!

点描画ゾーンはサーモンクリームのプチシューや、丸い野菜を組み合わせたカナッペ等。

カラフルなミニ人参も小口切りにして点描画風に飾り、全体的に淡い色のトーンにまとめました。

美術展テーマのケータリングは楽しいです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前 *

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.